ヨロコビノウタ。

好きなもの。気になるもの。あれこれかってにおはなしします。愛するが故の暴走もあり。えへへ。

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとつひとつが宝物。

2010'07.21 (Wed)

あっついですね。・゚・(ノд`)・゚・。

なんなんだ、いったい。
この暑さ。

もう死ぬ。今年こそ死ぬわ。

って毎年毎年グダグダグダグダ、
夏が来るたびに文句言ってますが。

ただの一度も夏バテにはなったことありません。

バクバク食うわ(しかも肉、油ガッツリ系)、
グースカ寝るわ(朝まで爆睡)、
健康そのもののたねまきです。

しかもさー、やっぱビールがススムから、
めっちゃ腹が出ちゃうんだよー(´・ω・`)

はぁぁ。
「わたし、夏ってゴハン食べれなくって・・・」
って言ってみたい。

まあ、3連休はじゃっかんゴハンがノドを通らない・・・
ような気分にはなってましたけどね(^▽^;)


さて、ここからはたねまきのなっがーい独白です。




仁くんは、この秋にKAT-TUNを脱退します。
金曜日、5人のドーム公演の日に、社長がそのように発表しました。
正式には、5人のアジアツアーが終わり、
仁くんの全米ソロツアーが終わったタイミングで発表されるとのこと。

まさに、激震。

たねまきは、土曜日の朝、10時頃にこのニュースを知りました。

最初、yahooのトップニュースで見たとき、
とっさに出た言葉。

「ウソでしょ・・・」

仁くんがKAT-TUNのツアーに参加せず、単独で渡米し、ソロコンサートを開催する。
それを知らされたときからもうずっと、確信していたんです、ホントは。

仁くんは、KAT-TUNを脱退する。

だから、ホントなら、出てくる言葉は違ったはずなんです。
「やっぱり」って言葉が出てくるはずだったんです。

でも、口を突いて出たのは「ウソ」という言葉でした。

そうは言っても、やっぱりどこかで期待してたんですね。
仁くんはきっとKAT-TUNに戻ってくるって。


たねまきは幸いなことに、
「やる気のない仁くん」を実際に見たことはありません。

去年の不滅コン、オーラスの仁くん。
どこからどう見ても、本当に楽しそうで嬉しそうで、
全身全霊で「KAT-TUNのA、赤西仁」を魅せてくれました。

だからその後の地方ツアーでの「やる気のない」態度は
どうしても信じられませんでした。
だって、あんなに輝いてたのに。
疑心暗鬼にもなりました。
でも、やっぱり、自分の見てきた仁くんを信じようって思いました。

秋になり、冬になり、仁くんは「ナツ」として、
わたしたちの前に現れました。
幸運なことに、たねまきは、何度もナツに会うことができました。
そしてそのどれもが「KAT-TUNのA」とは違う仁くんでした。

よくしゃべるし笑うし仕切るし。
ふだんからは考えられない姿にちょっと不安になったのも事実です。
でも、グループでいるときと自分ひとりですべてを背負うのとでは
心情も違って当たり前だと思うし、それはきっと芸能人という特殊な
仕事じゃなくてもそうなんじゃないかなって。
そう考えると、当たり前っていうか、そんな心配することでもないなって
思えました。

2月のソロコンサートは衝撃でした。
本当に衝撃でした。

そしてたねまきは思いました。

もしかして、この子は、このままソロ活動するのかも。

きっとたねまきだけじゃなく、
たくさんの仁担さんがそう感じたんじゃないかなって思います。


たねまきはいわゆる「オンリー担」というものに分類されるのかなって
自分で分析しています。
実際、仁くんが参加していない今回のシングルとアルバムは買ってないですし。
コンサートも申し込みませんでした。

でもそれは、「仁くんがいないんだから買うもんか、行くもんか!」とか、
そういうのではなく・・・なんていうか、もう自然に、
気づいたら発売日が過ぎていて、気づいたら締め切りが過ぎていた、
というカンジでしょうか。
とにかく、自然に距離を置いている自分がいました。

たねまきは、仁くんはKAT-TUNを好きでKAT-TUNのAである自分を好きだった、
その考えを疑ったことはありません。
でも、それよりもやりたいことができてしまった。
性格上、両立することは難しい。
ホントに、ただそれだけのことなんだろうなって思います。

そりゃあ、わたしたちの希望としては、あくまで両立、ですよ。
これ、絶対、です。

基本はグループでの活動、そして時々ソロ活動。
KAT-TUNでのシングル、アルバム、年1回のツアーに加え、
グループのシーズンオフにはソロでのシングル、コンサート、
あわよくばソロアルバム。

そしたら年がら年じゅう仁くん祭りですよ。
まさに去年がそうだったように。

そりゃ、それが理想ですよね。

でも、ファンならわかるはず。
あのコにそれは無理だって。

じゃあ、ソロはあきらめて、グループ活動に専念させる?
仁くんは、ソロもやりたいのに?
グループとは違う音楽性を、そこで実現したいのに?

それは違う。
絶対に、違う。

寂しいし、悲しいし、なんで?ってキモチはやっぱり拭い切れないけど、
やっぱり仁くんがやりたいって思うことをやってほしい。

両立、という道を選べなかった、そういう仁くんを応援してあげたい。

自分から捨てたんじゃないですよ。
捨てざるを得なかったんです、両立という道を。


社長の口からあのように語られて、でもそれは、ごく当たり前のことで。
別に芸能人じゃなくても、そんな都合いい話はないですよ、
組織に馴染まず自分の道を突き進んでおきながら、
挫折したらまた組織の庇護の元に戻るなんて、そんな都合いい話はないです。

でも、敢えていうなら、セルフマネジメントができない仁くんを、
もっとしっかりマネジメントして欲しかったなってことだけです。
自分ではできなくても、周囲が「両立」という道を選べるように、
道筋をつけてあげることは可能だったんじゃないかなって。

でも、こうなってしまったものはもう仕方がない。

きのうのマニュアルで仁くんの口から語られたことで、
もう脱退は決定的になったと嘆いた方も多かったと思います。

たねまきも泣きました。
でも、それは感激の涙でした。

たねまきは、仁んくんはKAT-TUNを大好きなんだってことを信じてましたけど、
でもやっぱりどこかで少し不安にもなってました。
だから、仁くんのキモチを聞きたかった。

たねまきが見てきた、キラキラのKAT-TUNのAは、嘘じゃなかったということを、
仁くんの口から聞きたかった。

不器用で、照れ屋で、あんまり自分のこと上手に表現できない仁くんの、
率直すぎるほど率直な感謝と愛情。

「ごめん、ありがとう。そして、楽しかった。」

これほど単純で、でもこれほどいろんな想いの詰まった言葉を
たねまきは聞いたことがありません。

そして、楽しかった。

わたしたちも、ものすごく楽しかったよ。

絶妙で、神懸り的なカメとのシンメ。
MCのとき、隣にいたコウキにちょこちょこちょっかい出して困らせてたこと。
いつもはえらそうなくせに、有閑のときは田口の存在にかなりよっかかってたよね笑
音楽性とか、一匹狼的なとことか、何かと共通点の多かったたっちゃん。
そして、大好きな中丸くん笑
なんだかんだといちばん絡んでて、そんなときの仁くんは本当に子供のように可愛かった。

そして、6人の、歌、ダンス。
我を忘れて声も出せずにただただ魅入ってた。
本当に、本当に、かっこよかった。
本当に、最高の6人だった。

道はそれぞれに分かれてしまったけれど、
きっとこれからもそれぞれに輝いてくれるはずだと信じています。


幸い、仁くんも、日本でガンガン活動するって言ってくれたしね笑
しかも、あんなわざわざ付け足して。
あっ、やべっ、これ言うの忘れてたっ!って思ったんだろうね笑
なんか、そういうところ、ホント好きです笑

まだまだしばらくは6人の姿を思い出しては涙が出てくるんだろうけど。

でも、やっぱりたねまきは仁くんが大好きだし、
何があってもずっとずっと応援します。
財力が続く限り、つぎ込むよ!笑
それくらいしかできないからね!笑

そして5人のKAT-TUNのことも。
今までみたいにCD買ったり雑誌買ったりそういうのはないけれど、
でも今よりもっともっと大きくなって欲しいって心から思います。

そしていつかなんのわだかまりもなく、
また6人がいっしょに歌う姿が見れたらいいな。
きっとそういう日が来るって信じてます。

KAT-TUNのAは、これからも永遠に仁くんです。

そしてこれを書きながら泣いてるたねまきは、
ホントアホで単純だけど、
こんな自分は自分でもキライじゃないなって。

そんなふうに思えるのも、仁くんがいたからかなって。

まだまだこれからも、たねまきの生活にハリを与えてください。
期待してます。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

わたしのこと。

たねまき

Author:たねまき
都内在住、ダンナ1、愛息1、愛猫1。
我が家はオス♂だらけ。
そしてワタシは仁くんに夢中♥


↑よかったらポチッとおねがいします♪

ブログ内検索

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。